コンサート

BAROQUE

バロック・ランデブー 2017

世田谷の語学学校、キュルチュール・インターナショナル・クラブでは、年に3回バロック・コンサートを開催しております。バロック音楽はフランスやイタリアはじめ、宮廷や王侯貴族のサロンで演奏された、演奏家との距離の近い音楽でした。洋風一軒家のサロンで開催される当校のコンサートは、当時の雰囲気に想いをはせるのにぴったりな環境です。当校の看板授業では、フランス料理をともに作ってフランス語会話をしながらお食事を楽しみます。バロック・コンサート後も、当校特製のディナーを演奏家と皆さんでご一緒に囲み、リラックスした時間をお楽しみ下さい。フランス語や英語、イタリア語等で会話することも可能ですで、久しぶりに来校される方もこの機会をご活用下さい。一般の方、ご近所の方のご参加も歓迎しております。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

2月25日(日)ヴィオラ・ダ・ガンバの夕べ

品川 聖 Hijiri Shinagawa
  • 品川 聖 Hijiri Shinagawa
  • 桐朋学園大学古楽器科を1999年に卒業し、同年にブリュッセル王立音楽院に留学。2003年にディプロマを取得し首席で卒業。ヴィーラント・クイケン氏ほかに師事。留学中の2001年に安曇野でソロ・デビューして以来、各地でコンサート活動を展開。主にヴィオラ・ダ・ガンバのソリストとして活躍。北アルプスの山小屋でもソロ・コンサートを継続。フィールドを歩く演奏家としても注目を集めている。
    これまでに3枚のソロCDをリリース。
    東京古典楽器センター講師。日本ベルギー学会会員。

5月27日(日)バロック・ヴァイオリンとチェンバロの夕べ

岡田 龍之介 Okada Ryunosuke
  • 岡田 龍之介 Okada Ryunosuke
  • 慶応義塾大学経済学部、東京藝術大学卒業。同大学院修了。
    音楽学を角倉一朗、チェンバロを有田千代子、渡邊順生各氏に師事。またW.クイケン、J.V.イマゼール、T.コープマン各氏にレッスンを受ける。全国各地の演奏会に出演し、国内外のバロック奏者との共演を通じてアンサンブル経験を深める一方、ソロ、教育活動にも力を注ぐ。第13回及び第23回甲府古楽コンクールでは審査員をつとめる。ほぼ毎年訪れる韓国や、ドイツでの公演など海外での演奏の機会も多い。ソロCD「銀色の響き」(レコード芸術誌 準特選)をはじめ、これまでに10枚のCDをリリース。古楽アンサンブル"ムジカ・レセルヴァータ"主宰。洗足学園音楽大学、都留音楽祭、各講師
岡田 龍之介 Okada Ryunosuke
  • 小池 はるみ Koike Harumi
  • 東京藝術大学にて、ヴァイオリンを海野義雄氏・外山滋氏に師事。室内楽を浅妻文樹氏・兎束俊之氏、巌本真理弦楽四重奏団より学び、 芸大バッハカンタータクラブ公演に参加。ドイツでの研鑽の後、東京ハルモニア室内オーケストラに入団、現在に至る。バロックヴァイオリン及び室内楽を寺神戸亮氏・渡邊慶子氏に師事。岡田龍之介氏主宰古楽アンサンブル「ムジカ・レセルヴァータ」に参加。「ザ・サインズ・オブ・バッハ」コンサートミストレス。2007年にCD「GIFT」をリリース。
小池 はるみ Koike Harumi
  • 片桐 恵里 Eri Katagiri
  • 東京藝術大学卒業。同大学院修了。 埼玉県新人演奏会に出演。 バイオリンを掛谷洋三、浦川宜也の各氏に バロックバイオリンを小野萬里氏に 室内楽をピュイブ・ロジェ、ルイ・グレーラーの各氏に師事。 東京ハルモニア室内オーケストラのメンバー。 室内楽、古楽を中心に活動している。

9月30日(日) リコーダーデュオの愉しみ

森吉 京子 Kyoko Moriyoshi
  • 森吉 京子 Kyoko Moriyoshi
  • オランダ、デン・ハーグ王立音楽院卒業。リコーダーをリカルド・カンジ、ジャネット・ファン・ヴィンガーデンの各氏に、音楽理論をレベッカ・スチュワートに師事。音楽学を須貝静直氏に師事し静岡大学大学院修了。2009年、東京藝術大学大学院博士後期課程学位取得。リコーダーを山岡重治氏に師事。リコーダーの専門誌『季刊リコーダー』編集長。
中村 友美 Tomomi Nakamura
  • 中村 友美 Tomomi Nakamura
  • 東京藝術大学音楽学部器楽科古楽専攻リコーダー卒業。リコーダーを山岡重治に師事。W.ファンハウヴェ、K.ブッケの各氏にレッスンを受ける。公共施設や学校での演奏、指導を行っている。リコーダーアンサンブル“ラ・ルベルティーナ”メンバー。東京リコーダー協会、ザーラ音楽教室、ヤマノミュージックサロン川越、アイミュージックラボ各リコーダー講師。


過去のコンサート情報